top of page
main.jpg

【第2回】CM撮影リハーサル&ポスター撮影に初挑戦!



彼女たちが商店街広報大使に任命されて1週間後のこの日、

授業冒頭に2つのサプライズミッションが告げられました。



講師「商店街でCM撮影が決定しました!」

生徒「えー(歓喜)」

講師「ちなみに次回撮影します!」

生徒「えーーーーー(悲鳴)」



講師「広報ポスター制作が決定しました!」

生徒「えー(歓喜)」

講師「ちなみに今日撮影します!」

生徒「えーーーーー(悲鳴)」




<次回、商店街でCM撮影>

秋までに「ALL生徒制作の動画を作る」ことを初回の授業で告げられている15人にとって今回はその練習体験。企画から、撮影、出演、シナリオ、演出と、編集以外全てに挑戦します。


今回の動画で講師のシャンソンさんから与えられた課題テーマは、「JKが商店街を走り回る鬼ごっこのようなCM」。詳細シナリオは生徒たちで自由に考えるというものでした。


「次回撮影」と慌ただしいスケジュールなのは、

早めに商店街を現場で感じること、そして早めに動画制作の流れを知ることで、次作への発想の幅を早期に広げてもらうことが目的とのこと。



四日市商店街は「自由と挑戦に溢れている舞台」というメッセージを込めて、生徒たちが自由に意見を出し合います。


「お店のPRを普通にしてもおもしろくない」

「お店の前で小ネタをする?」

「逃走中みたいなのは?」

「商店街の人にハンターしてもらう?」

「制限時間とミッションは?」

「チーム戦にする? 対抗戦にする? 個人戦にする?」


次回の授業までに、ルールと構成を講師と落とし込んでいきました。



さらに撮影も自分たちで行うため、走って撮影したらどう映るか、どうしたら臨場感が出るか、インカメラかアウトカメラか、限られた時間の中で、廊下や屋外で試し撮りを行い、意見交換を行いました。


撮影テストで模索中の生徒たち



 <早速、ポスター撮影>

授業後半は、実際に公式ポスターの撮影に初挑戦しました。

敬礼ポーズは生徒たちのアイデアで決まりました。



ポスター撮影に初挑戦する生徒たち




来週の授業は、教室を飛び出て商店街でCM撮影に初挑戦です。お楽しみに!






Comentarios


bottom of page